So-net無料ブログ作成

「リアル スティール」 [ゆるり感想文]

『 リアル スティール Real Steel 』

元日は映画の日ということで、今年も映画に行ってきました。
今回はダンナさんのリクエスト作品。

製作総指揮に、スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキス。

感想は...予想していたよりもずっといい映画だった。
CMで「泣ける」みたいなことを言っていたので、お涙頂戴的な内容なのかなあと思っていたけど、
淡々としたストーリー展開とエンディングで、ほろりとくる位なのが良かったなあ。
ずっしり訴える訳でもなく、でもじわじわ心に残る感じで、しばらく経った時にまた観たいかも。

ヒュー・ジャックマンはだめだめなお父さん役が結構似合ってた。でもかっこいい。
子役のダコタ・ゴヨがかなりキュート。
日本語をちょっと話すシーンでは、単語いくつかだけど上手だったし、ダンスも良かった。
ヒロイン役のエヴァンジェリン・リリーって初めて見たけど「LOST」の準主役だったのね。

ロボットが出てくる映画だからか、日本に関することがちょこちょこ出てきた。
全身に漢字がたくさん書いてあるロボットに「超悪男子」とか書いてあるし...
機械ものが出てきつつヒューマンドラマなので、程よい感じかも。

久し振りに映画の日、ほんとに1,000円ポッキリで観たような気がする。
そして改めて思ったけど、やっぱり映画は3-Dである必要は無いかなあ。


タグ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。